相続・遺言に関する基礎知識、遺産相続、放棄に関する最新情報ポータルサイト
相続・遺言情報ナビ - 遺産相続・放棄、遺言のご相談

相続・遺言に関するお問合せは今すぐこちら
TEL:
03-6452-9889

相続・遺言情報ナビ - 遺産相続・放棄、遺言のご相談
相続・遺言情報ナビ - 遺産相続・放棄、遺言のご相談 -好評発売中-
小冊子「失敗しない!相続と遺言」

相続手続きの基本をわかりやすく紹介した小冊子です。¥1,080[税込]
大好評!既に3000人以上の方にお読みいただいてます!
法律の知識がなくても誰でも簡単に読み進めることができます。
内容は40ページの読み切りサイズ。

ご購入は、相続問題連絡協議会よりお求め頂けます

 相続・遺言に関するQ&A集

相続・遺言情報ナビ - 遺産相続・放棄、遺言のご相談TOP
  相続・遺言情報ナビ - 遺産相続・放棄、遺言のご相談相続財産リスト
    .財産をリストアップする
    相続・遺言情報ナビ - 遺産相続・放棄、遺言のご相談遺言って何?遺言の目的とは?
    相続・遺言情報ナビ - 遺産相続・放棄、遺言のご相談遺言の種類
    相続・遺言情報ナビ - 遺産相続・放棄、遺言のご相談遺言と相続の関係について
    相続・遺言情報ナビ - 遺産相続・放棄、遺言のご相談遺産の分割について
    相続・遺言情報ナビ - 遺産相続・放棄、遺言のご相談なぜ遺言が必要なのか?
    相続・遺言情報ナビ - 遺産相続・放棄、遺言のご相談遺言に記載できること、出来ないこと
    相続・遺言情報ナビ - 遺産相続・放棄、遺言のご相談成年後見制度と遺言の関係は?
    相続・遺言情報ナビ - 遺産相続・放棄、遺言のご相談遺言は勝手に開封すると・・・

Q:遺言:遺言って何?遺言の目的とは?


誰が誰の相続人となり、またその相続分がどの位になるのか?

これは、民法によって細かく定められています。(法定相続と言います)、法定相続は被相続人(相続される者)の死亡によって開始となります。

法定相続は、法によって形式的に定められています。ですのでそれぞれの家庭などの環境や事情を考慮して妥当な相続税などを算出できるとは言えません。

しかし遺言の場合は、こうした法定相続を遺言者の意思によって変更するものであり、相続財産に関する権利関係の帰属を、 遺言者自身の最終の意思表示に委ねるものです

遺言によってその家庭の実情にあった相続財産の分配が行われることが遺言制度の存在する意義と言えます。

相続は家族の環境を考慮した上での遺言によってされることが望ましく、法定相続は補充的なものという風に考えてよいかもしれません。

※こんなケースが良くあります。
兄弟間の遺産相続で、親の面倒を良く見て介護もきちんと役目を果たした者と、全く面倒も見ず、顔も出さずに者では心情的に遺産を分割するのも・・・という場合でも、法定相続は均等に分配をします。そこで「遺言書」による相続であれば、面倒を良く見た方に多めに財産を分配してあげることが出来るのです。

さて、法的に効力のある遺言をするとなると、その方式及び内容は法に適合したものである必要があります。遺言は、遺言者の生前の意思をその死後において実現させるものです。

遺言は財産に関するものが中心なため、遺言の存在や内容の真実性が保証されなければ争いが生じます。
争いを防ぐため、民法は遺言の要件を厳格に定めています。

TOPへ相続・遺言情報ナビ - 遺産相続・放棄、遺言のご相談

相続・遺言情報ナビ - 遺産相続・放棄、遺言のご相談 相続・遺言情報ナビ - 遺産相続・放棄、遺言のご相談
相続・遺言情報ナビ - 遺産相続・放棄、遺言のご相談
相談受付窓口(無料)
ご要望に応じまして、無料相談を受け付けております。
お答えする内容は、あくまでも問題解決のための参考とお考え下さい。


ご相談の内容で、採用されたものは、HP上で公開されることを前提でご質問下さい。
(個別名称やプライベートに関わる事は編集しますのでご安心下さい。

全ての相談に回答できることを保証するものではありません。詳しくは以下のボタンを押してご確認下さい。

相続・遺言情報ナビ - 遺産相続・放棄、遺言のご相談

相続・遺言情報ナビ - 遺産相続・放棄、遺言のご相談 相続・遺言情報ナビ - 遺産相続・放棄、遺言のご相談
相続・遺言遺産相続悪徳商法・クーリングオフ
離婚相談・慰謝料・調停ストーカー被害・対策・相談
就労ビザ・申請・取得NPO法人設立代行会社設立代行
公正証書作成内容証明作成建設業許可登録貸金業登録宅建業登録
遺産相続、放棄から遺言に関するまでのご相談

Copyright(C) 相続・遺言情報ナビ All Right Reserved.
- 相続情報ナビの許可なく本サイトの一部あるいは全文のコピーならびに転用を禁じます -
当サイトへのリンクは自由ですが、こちらを参考に規定を遵守の上リンクをお願いします。