相続・遺言に関する基礎知識、遺産相続、放棄に関する最新情報ポータルサイト
相続・遺言情報ナビ - 遺産相続・放棄、遺言のご相談

相続・遺言に関するお問合せは今すぐこちら
TEL:
03-6452-9889

相続・遺言情報ナビ - 遺産相続・放棄、遺言のご相談
相続・遺言情報ナビ - 遺産相続・放棄、遺言のご相談 -好評発売中-
小冊子「失敗しない!相続と遺言」

相続手続きの基本をわかりやすく紹介した小冊子です。¥1,080[税込]
大好評!既に3000人以上の方にお読みいただいてます!
法律の知識がなくても誰でも簡単に読み進めることができます。
内容は40ページの読み切りサイズ。

ご購入は、相続問題連絡協議会よりお求め頂けます

 相続・遺言に関するQ&A集

相続・遺言情報ナビ - 遺産相続・放棄、遺言のご相談TOP
  相続・遺言情報ナビ - 遺産相続・放棄、遺言のご相談相続財産リスト
    .財産をリストアップする
    相続・遺言情報ナビ - 遺産相続・放棄、遺言のご相談財産リスト作成から相続税申告まで
    相続・遺言情報ナビ - 遺産相続・放棄、遺言のご相談財産リストはどんなときに必要か?
    相続・遺言情報ナビ - 遺産相続・放棄、遺言のご相談財産の評価方法
    相続・遺言情報ナビ - 遺産相続・放棄、遺言のご相談相続税対策とは?
    相続・遺言情報ナビ - 遺産相続・放棄、遺言のご相談相続税の基礎控除とは?
    相続・遺言情報ナビ - 遺産相続・放棄、遺言のご相談リストから相続税を計算してみると
    相続・遺言情報ナビ - 遺産相続・放棄、遺言のご相談相続税の申告期限は?
    相続・遺言情報ナビ - 遺産相続・放棄、遺言のご相談相続税が払えない時は?

Q:相続:相続税対策とは?
相続対策の主なものは、財産評価対策・分割対策・納税対策の3つです。

相続・遺言情報ナビ - 遺産相続・放棄、遺言のご相談財産評価対策について

財産評価対策は平たく言えば、『節税』対策です。一般的に節税の方法と言えば、2通りのやり方が主です。

贈与

110万円を超えて贈与をすると贈与税がかかります。しかし、ご存知の方も多いかもしれませんが、贈与税というものは、1年間でどれだけ贈与したかということで税金額が決まります。

つまり、毎年110万円を超えない額で『贈与』を長年に渡って行っていけば税額を押さえることが出来ます。単純に10年間贈与を毎年100万円づつしただけでも1000万円という額を税金をかけず(税額0円)で身内に相続しているのと同じです。贈与をする側からすれば、まだ生きているのにも関わらず相続をする為に子供へ贈与というのはあまり気持ちの良いものではないかも知れませんが、それでも相続で沢山の税金を払わなくてはならないようになり、子供が大変な思いをすることを考えればこれも一つの手段なのではないでしょうか?

2財産評価を下げる

配偶者の特例を利用して、財産を移したり、財産を贈与、土地を寄付、私道や宅地造成による公共用地にする、不動産を処分して動産に変える、更地であれば賃貸物件を建てるなりをして貸家建物付地にしてしまう、など特例の適用などを上手に利用して評価額を下げる方法があります。


相続・遺言情報ナビ - 遺産相続・放棄、遺言のご相談分割対策について

分割対策は平たく言えば、『相続争いを防ぐ為の対策』です。

相続対策で厄介なのは、相続額が多い場合など『相続争い』が親族の間で起こることです。これは突然起こるものです。TVやドラマのトラブルがある日突然、自分の身に起こりえます。兄弟や親戚間の付き合いが『遺産』をめぐり仲が悪くなったなどという話は他人事ではないのです。これらを防ぐ為にも、どのように遺産を分割するのかを『遺言書』にして残し、相続争いを防ぐのが一番良いでしょう。

また財産を上手に分割する為にも、単純に相続人数で割れるようなものを残しておいたりするのが良いでしょう。例えば、更地の土地などは単純に面積で割り切れますから建物を立てずにそういった土地を残すのも一つの手段です。

ポイント(参考にして下さい)

相続・遺言情報ナビ - 遺産相続・放棄、遺言のご相談遺言書として意志を明確にしておく
相続・遺言情報ナビ - 遺産相続・放棄、遺言のご相談生前に親族が集まった時などに、財産について公言しておく
相続・遺言情報ナビ - 遺産相続・放棄、遺言のご相談遺産を誰もが納得できるような形で割り切れるようなものにする


相続・遺言情報ナビ - 遺産相続・放棄、遺言のご相談納税対策について

相続税対策というと、節税ばかりがクローズアップされがちですが、忘れてならないのが財源対策(納税資金の確保)です。相続対策のおかげで税額を下げることが出来たとしても、実際に納付する資金がない・・・・というのでは困ってしまいますよね。

一番困るのは家(土地と建物)を相続した場合などです。
評価額に対する税額が決まり、納税をしようというときに肝心の納税資金がない・・・・・

こうなってしまうと、自宅を売ってでも資金を確保して納税しなくてはなりません。
こんなことが以外に多く起きているのも事実です。

納税するための財源確保は以外に重要なのです。
納税の為の財源をどのように当てるのか、それには例えば、物納用の土地を残しておき、現金による納税ではなく物納という形で納税するとか、死亡保険金などを使い財源を確保などの対策を考えておくことも重要なのです。

以外に使えるのは生命保険金です。非課税額というのが設定されていますので、上手に活用すれば納税資金ばかりでなく、節税にも効果的です。

このような対策は行政書士・税理士・ファイナンシャルプランナーなどに相談して上手に対策を立てておくのが一番ではないでしょうか。

TOPへ相続・遺言情報ナビ - 遺産相続・放棄、遺言のご相談

相続・遺言情報ナビ - 遺産相続・放棄、遺言のご相談 相続・遺言情報ナビ - 遺産相続・放棄、遺言のご相談
相続・遺言情報ナビ - 遺産相続・放棄、遺言のご相談
相談受付窓口(無料)
ご要望に応じまして、無料相談を受け付けております。
お答えする内容は、あくまでも問題解決のための参考とお考え下さい。


ご相談の内容で、採用されたものは、HP上で公開されることを前提でご質問下さい。
(個別名称やプライベートに関わる事は編集しますのでご安心下さい。

全ての相談に回答できることを保証するものではありません。詳しくは以下のボタンを押してご確認下さい。

相続・遺言情報ナビ - 遺産相続・放棄、遺言のご相談

相続・遺言情報ナビ - 遺産相続・放棄、遺言のご相談 相続・遺言情報ナビ - 遺産相続・放棄、遺言のご相談
相続・遺言遺産相続悪徳商法・クーリングオフ
離婚相談・慰謝料・調停ストーカー被害・対策・相談
就労ビザ・申請・取得NPO法人設立代行会社設立代行
公正証書作成内容証明作成建設業許可登録貸金業登録宅建業登録
遺産相続、放棄から遺言に関するまでのご相談

Copyright(C) 相続・遺言情報ナビ All Right Reserved.
- 相続情報ナビの許可なく本サイトの一部あるいは全文のコピーならびに転用を禁じます -
当サイトへのリンクは自由ですが、こちらを参考に規定を遵守の上リンクをお願いします。