相続・遺言に関する基礎知識、遺産相続、放棄に関する最新情報ポータルサイト
相続・遺言情報ナビ - 遺産相続・放棄、遺言のご相談

相続・遺言に関するお問合せは今すぐこちら
TEL:
03-6452-9889

相続・遺言情報ナビ - 遺産相続・放棄、遺言のご相談
相続・遺言情報ナビ - 遺産相続・放棄、遺言のご相談 -好評発売中-
小冊子「失敗しない!相続と遺言」

相続手続きの基本をわかりやすく紹介した小冊子です。¥1,080[税込]
大好評!既に3000人以上の方にお読みいただいてます!
法律の知識がなくても誰でも簡単に読み進めることができます。
内容は40ページの読み切りサイズ。

ご購入は、相続問題連絡協議会よりお求め頂けます

相続・遺言情報ナビ - 遺産相続・放棄、遺言のご相談TOP
 相続・遺言情報ナビ - 遺産相続・放棄、遺言のご相談INDEX
  相続・遺言情報ナビ - 遺産相続・放棄、遺言のご相談相続税還付請求手続き
  相続・遺言情報ナビ - 遺産相続・放棄、遺言のご相談相続税の節税
  相続・遺言情報ナビ - 遺産相続・放棄、遺言のご相談遺言は公正証書
  相続・遺言情報ナビ - 遺産相続・放棄、遺言のご相談相続・遺言便利リンク集

相続・遺言情報ナビ - 遺産相続・放棄、遺言のご相談TOP
 相続・遺言情報ナビ - 遺産相続・放棄、遺言のご相談相続・遺言Q&A
  相続・遺言情報ナビ - 遺産相続・放棄、遺言のご相談相続手続き
  相続・遺言情報ナビ - 遺産相続・放棄、遺言のご相談相続手続き開始
  相続・遺言情報ナビ - 遺産相続・放棄、遺言のご相談相続財産リスト
  相続・遺言情報ナビ - 遺産相続・放棄、遺言のご相談相続財産の処分手続き
  相続・遺言情報ナビ - 遺産相続・放棄、遺言のご相談遺言についてのQ&A

相続税の節税


相続税の負担を軽くしたい・・・誰も思うことです。
違法ではなく、合法的に相続税を安くする方法について考えて見ましょう。一般的に言われている事柄ですが、今一度自分自身で出来そうな事はないか再確認をしてみましょう。

相続・遺言情報ナビ - 遺産相続・放棄、遺言のご相談土地の評価額について再検討してみる

相続税法では土地の評価というものは、時価と決まっています。しかし時価というものは簡単に計算できるものではありません。そのため国税当局の通達で詳細に時価は決まっています。

ところが実際、色々と調べてみると税務署の計算では「?」というものが出てくるケースがあります。土地の測量を正確に行ったりすることでこれらの誤差が分かるわけです。又、単純に路線価格で計算できないものもあります。、凹凸のある土地、水の出る土地、騒音の激しい土地など、実際に土地を販売するとなった場合にマイナスとなる要因などは路線価格には含まれませんので、そういったマイナス面の見直しなどを土地家屋調査士やしかるべき機関で調査することで余分な相続税を払いすぎないようにするのも節税の一つでしょう。

※相続税を支払ってから5年以内であれば、再度土地の調査などを行い、払いすぎているのではないのか?ということであれば、『相続税還付請求手続き』ということも出来ます。

相続・遺言情報ナビ - 遺産相続・放棄、遺言のご相談詳しくは、『相続税還付請求手続き』をご覧下さい。

相続・遺言情報ナビ - 遺産相続・放棄、遺言のご相談法定相続人を増やす

法定相続人を増やすには養子縁組をする方法が考えられます。実子があるときは1人、ないときは2人まで一人当たり1000万円の控除があります。なお、これ以上の養子縁組をしても相続人を増やすことは可能ですが、相続税総額を減らす効果はありません。
※未成年控除などは使えますが、それほどの効果は無いかもしれません。

相続・遺言情報ナビ - 遺産相続・放棄、遺言のご相談生命保険の非課税枠の活用をする

本人が自分を被保険者としてかけていた生命保険金は500万円x(法定相続人数)まで非課税となります。相続税対策としては終身保険に加入する必要などがあります。

相続・遺言情報ナビ - 遺産相続・放棄、遺言のご相談贈与税の配偶者控除を活用する

結婚して20年以上になる夫婦の間では居住用不動産またはそれを購入する金銭の贈与が2060万円まで無税(贈与税なし)で行える。ただし、登録免許税(贈与の場合は2.5%)と不動産取得税がかかるので、全体では数十万円の負担になる。土地と建物のどちら(または両方)を贈与するべきかについては、基本的には値上がりの可能性のあるものを贈与するべきであるが、建物の一部分も贈与しておくと将来売却したときに譲渡所得にかかる所得税に関して居住用としての特例を受けることができます。

相続・遺言情報ナビ - 遺産相続・放棄、遺言のご相談評価額の低い財産に入れ替える

宅地:
市街地的形態を形成する地域では路線価を基準にその宅地の状況や形態に応じ修正した価額。その他では(固定資産税評価額)x(国税局長の定める倍率)。貸宅地の場合は借地権割合で修正。

借地権:
土地の評価額を基準に借地権割合をかける。

農地・山林:
純農地は(固定資産税評価額)x(国税局長の定める倍率)。「倍率」は税務署で閲覧できる。市街地農地や市街地周辺農地は宅地の価額を基準に評価される。

建物:
固定資産税評価額で評価される。時価よりはかなり安い。

ゴルフ会員権:
相場の70%で評価。

など例を挙げましたが、あくまでも『節税』は脱税ではありません
相続する財産を正しく評価することで、税婚を払いすぎないようにすることです。節税というよりは、正確な納税額を納めることが一番の目的なのです。

TOPへ相続・遺言情報ナビ - 遺産相続・放棄、遺言のご相談

相続・遺言情報ナビ - 遺産相続・放棄、遺言のご相談 相続・遺言情報ナビ - 遺産相続・放棄、遺言のご相談
相続・遺言情報ナビ - 遺産相続・放棄、遺言のご相談
相談受付窓口(無料)
ご要望に応じまして、無料相談を受け付けております。
お答えする内容は、あくまでも問題解決のための参考とお考え下さい。


ご相談の内容で、採用されたものは、HP上で公開されることを前提でご質問下さい。
(個別名称やプライベートに関わる事は編集しますのでご安心下さい。

全ての相談に回答できることを保証するものではありません。詳しくは以下のボタンを押してご確認下さい。

相続・遺言情報ナビ - 遺産相続・放棄、遺言のご相談

相続・遺言情報ナビ - 遺産相続・放棄、遺言のご相談 相続・遺言情報ナビ - 遺産相続・放棄、遺言のご相談
相続・遺言情報ナビ - 遺産相続・放棄、遺言のご相談 相続・遺言情報ナビ - 遺産相続・放棄、遺言のご相談
相続税の節税
相続・遺言情報ナビ - 遺産相続・放棄、遺言のご相談 相続・遺言情報ナビ - 遺産相続・放棄、遺言のご相談
相続・遺言遺産相続悪徳商法・クーリングオフ
離婚相談・慰謝料・調停ストーカー被害・対策・相談
就労ビザ・申請・取得NPO法人設立代行会社設立代行
公正証書作成内容証明作成建設業許可登録貸金業登録宅建業登録
遺産相続、放棄から遺言に関するまでのご相談

Copyright(C) 相続・遺言情報ナビ All Right Reserved.
- 相続情報ナビの許可なく本サイトの一部あるいは全文のコピーならびに転用を禁じます -
当サイトへのリンクは自由ですが、こちらを参考に規定を遵守の上リンクをお願いします。